>オススメ情報>漢方で体質改善をしよう【様々な体の悩みに対応できる】

漢方って何?

漢方の原料は、植物や動物など自然界にあるものを組み合わせて作られています。熱いときには冷ましてくれ、寒いときには温めてくれるなど、動植物などのそれぞれの特徴を活かしながらさまざまな組み合わせで作られていきます。身体に足りないものを補い、過剰になっていれば取り除いていくなどの効果があります。大阪でも多く人が漢方を摂取していますが、病に合わせて処方されるのではなく、人それぞれに処方されます。

漢方で体質改善をしよう【様々な体の悩みに対応できる】

生薬

漢方を摂取する時の注意点

漢方は一般的な薬と摂取するタイミングが異なるため注意が必要です。処方される薬や市販の薬は多くの場合空腹時は避けるようにいわれます。漢方は、食事前の30分前または食後2時間程度の食間が一般的な摂取タイミングです。食後の腸内は栄養が豊富にある状態となっていて、漢方を体内に取り込むための細菌が漢方だけでなく栄養分にも働いてしまいます。漢方薬を効率よく吸収させるためにも食後は避けましょう。ただし、体調が悪いので漢方を服用するというときには、すぐ摂取しても大丈夫です。症状に合わせて処方される漢方は体調が悪くなりはじめという初期段階で摂取すると効果を発揮します。食後だから待たなければいけないということではありません。体調が思わしくないというときには食後であっても摂取しましょう。

人気漢方ランキング

生薬

筋肉の急なけいれんを鎮めてくれる芍薬甘草湯

激しい運動から痙攣と強い痛みが出たときや運動しているときや寝ているときに足がつってしまう人、たまにしか運動をしない人などが利用しています。筋肉の急な痙攣を鎮めてくれる働きがあります。

産婦人科で処方されることが多い桂枝茯苓丸

月経異常や更年期障害などに使われています。赤ら顔やのぼせやすいのに足が冷える人、お腹が張りやすい人、頭痛や肩こり、めまいなどの症状が出る人にも使われています。にきびやシミ、しもやけなどの皮膚トラブルにも使われています。

皮下脂肪が気になる人に注目されている防風通聖散

健康に過ごしていながらも、メタボリックシンドロームの原因となる腹部の皮下脂肪が気になる人や便秘がちの人に利用されています。高血圧や肩こり、むくみなどの症状にも効果を期待することができます。

疲れやすく汗がかきやすい人におすすめな防已黄耆湯

疲れやすく汗がかきやすい人におすすめです。動かなくても汗をかく人で、むくみやすい人は胃腸が弱く過剰に飲食していなくても太りやすい傾向があります。胃腸の働きを助けて余分な水を排出しむくみを防いでくれます。

広告募集中